目に疾患がある時のレーシック


目に疾患がある時のレーシックブログ:2015/5/13


読者様はストレスをため込みやすい性格ですか?
ストレスをため込みやすいなら、
減量がなかなか上手くいかないのでは?

減量とストレスって、大きく関係してるんですよね!

脳がストレスを感じると…
いくつかストレスの解消法はありますが、
その中でも食べることによって、
このストレスを解消してやろうという風に
脳が判断をすることがあるそうなんです。

「ヤケ食い」などという言葉があるように…
何か心にもやもやしたものがあると、
意外な量を食べてしまうことはありませんか?
また知らず知らずのうちに
食べ物をくちに運んだことはありませんか?

このような食への行動というのは、
実は裏にストレスが隠されている可能性があるんです。

ということは、
まずストレスを解消することこそが
減量の前提条件となるわけです。

ストレスを解消する方法は、何でもいいんです。
食べること以外なら…

あたくしは「歩く」ことで、ストレスを解消しています。

人は身体を動かすことによって、
精神的にリラックスした状態になります。

イライラしていても、身体を動かすことによって、
少し気分が落ち着いてくるという経験をしたことはありませんか?

運動がキライとか、運動音痴という人でも
歩くことぐらいは誰にでもできるはずです。
しかも運動ですから、ストレス解消とともに
減量自体の効果も期待することができます。

運動をする時のポイントは、「義務」という風に感じないことです。
「気晴らし」という感じで、取りかかってみましょう。
運動自体がストレスになってしまっては、本末転倒ですからね!

嗚呼,気分爽快




火災保険
URL:http://www.sure-support.com/
火災保険におまかせ




メール便におまかせ
URL:http://postmail.co.jp/
メール便

ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる