レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2017/6/22

皆さんは
シェイプアップをするのに適した季節があるのを
ご存知でしょうか?

実は冬場って、
最もシェイプアップに適した季節だと言われているんですよ!

「冬太り」などという言葉があるくらいですから、
むしろ冬場はシェイプアップに向いていないのでは?
と、思われているかもしれませんが…

現実は、まったくの正反対なんです!

冬場がシェイプアップに効果的な季節である理由として、
代謝ということが大きく関係しています。

代謝は、普通にわしたちが生活をしていく中で
消費されるエネルギーの量のことを言います。

冬というのは、一般的に寒いですよね。
体にとって、寒すぎるというのは
時として危機的な状況を生み出します。

そこで、わしたちの体は、
気温が低下してくると
自分でわしをポカポカな状態にして、熱を確保しようとします。

運動をした後に、
体がポカポカしてくるような経験をしたことってありますよね?
このポカポカ感は、
自分でエネルギーを生み出すことによって生じているわけです。

体を暖かくするためには、
エネルギーを多く消費する必要があります。

このため、
別に体を温める必要が無い夏場と比べると、
冬の方が消費されるエネルギーはもともと高めになるわけです。

ですから、冬場にちょっとした運動をすれば、
さらに消費されるエネルギーの量は増大します。

消費されるエネルギーの量が増えるということは、
シェイプアップにつながっていくのです。

そういうわけで、
シェイプアップをするなら、冬場にスタートした方が、
より効果が早く現れるんです。


ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる