レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2015/12/18


Goodevening♪

ちょっと聞いてくれます?

うちの母親の話。

万年ダイエッターなんですけど、今回もまたまた
8時からEMSグローブ
12時からゲルマニウム

に燃えるらしいです。

ちなみにずーっとダイエットシェイク チョコレート味とか
ゼナドリンを愛用しているみたいだけど…

1`痩せてはリバウンド。

運動後のごはんは美味しいとテンプラセットを食べ、
何かをやっても、友達と難波へ〜って出かけては
美味しい物を食べてきては・・・痩せるわけない!

カロリーを消費するために運動をしているのか、
消費したカロリーを食べて戻しているのか(笑)

1週間位前なんて、友達とフィンランドに行く
話をしていたんだけど、以前海外に行った時も、
大きくなって帰ってきたし・・・

友達にそんな話をしたら知り合いにも、やっぱ
そんな人はいるらしい。

節約してはダイエッター。

父は「趣味の範囲だし、健康なら良いんじゃない?」と
言うけど・・・

たしかにそうだけど・・・

休みの日におとなしくしてようと思っても
うるさい。

早く一人暮らしがしたいよー。

24時からでもバイト探そうかな。

元気なのが取り柄なのは良いけど、いつもなんだか
大きくなってるような気がしないこともない。

あれが恐怖のリバウンド!?

だから、余計にダイエットする意欲がわくのかもしれないね。

きっと、あれだけ効果のある物を使っていれば、普通なら
痩せて、太りにくい体質になるはずなのに・・・。



ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる