自分に見合ったレーシックの種類を把握


自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:2014/2/15


減量では、
「摂取カロリー<消費カロリー」
の状態にする必要がありますよね。

そのためには食事制限が必要となるのですが、
多くの人は、食事制限を勘違いしています。
食事制限を
「食べないこと」と思っているのです。

確かに減量では
摂取カロリーを抑える必要があるのですが、
あくまでも
「摂取カロリーを減らす」ことであり
「食べない」ではないのです。

これを勘違いして
1日2食の食事しか食べない人がいますが、
これは確実にリバウンドしてしまう
間違った減量方法なのです。

1日3食は必ず食べるようにして、
その3食の食事から摂取カロリーを減らすのが
正しい減量の基本です。

でも世の中には、
減量に失敗する人が多いです。

3食きちんと食べて
摂取カロリーも抑えているけど痩せない…

それは食事方法がいい加減か
知識不足だからです。

「摂取カロリー<消費カロリー」の状態でも
「食事の質」と「食事の摂り方」に問題があれば
思うように痩せないのです。

まず、
1日のカロリー量を低く抑えても
そのカロリーの中身が重要です。

脂質が多いものや炭水化物を多く食べていれば、
摂取カロリーが少なくても痩せるわけがありません。

また、痩せない人の場合、
朝はほとんど食べずに、昼ちょっと食べて、
真夜中たくさん食べる…
そんな食事の摂り方になっているのです。
これでは摂取カロリーが少なかったとしても、
体脂肪がつきやすいですね。

このように食事は
「3食」「質」「摂り方」の3つのポイントがあります。

決して難しいことではないので、
正しい食生活になるよう、自分の食事を見直しましょう。




- お勧めサイト情報 -

オフィス移転
URL:http://www.zeroin.co.jp/
オフィス移転ナビ

ホーム サイトマップ
レーシックとドライアイとの関係 目に疾患がある時のレーシック 最も気になるレーシックの治療費用 適性はレーシックの種類によって変わる